読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cythonコマンドを使ったcythonコードのビルド

Cython Python

Cythonのtutorialでsetup.pyを使うやり方は載ってるのだがcythonコマンドでやる方法は 詳述されてなかったので、メモ.

f:id:mcbiophys:20160730163824p:plain


Cython のコードはPythonと異なりコンパイルする必要があるが、それには二つのステップがある。

  • .pyx ファイルを Cython をつかって.c ファイルに変換する。そうしてできたファイルにはPython extension moduleが実装されている

  • .cファイルはC言語コンパイラをつかって .so ファイル (Windowsユーザーは.pyd に変換する。このファイルはpythonからインポート可能となる


上の作業を実行する方法はいくつかあるが,tutorialで詳しくふれられていて、一般的な方法はsetup.pyを書いてpythonのdistutils パッケージを利用する方法だ。OSやマシンの違いを吸収する安全な方法としてはこれが一番いいのかもしれない。 しかし、ちょっとした確認のためにいちいちsetup.pyを用意するもの面倒だ.

そこでこれ以外にも以下で示すように直接cythonコマンドをつかって”手で”コンパイルする方法がある*1

Step 1 : cythonコマンドで.pyx ファイル→ .c ファイルに変換.

helloworld.pyx

print "test"

を用意して、.cファイルをcythonファイルで生成する.

$ cython --embed helloworld

ここで--embedオプションをつけておかないと後でgccコンパイルするときにmain()関数がないと怒られる

--embed[=<method_name>] Generate a main() function that embeds the Python interpreter.

Step2 : gccをつかってsharedライブラリを作る

pkg-configコマンドが使えるなら使うと便利だ.

$ gcc `pkg-config --cflags  --libs python` -o helloworld.so helloworld.c"

これでpythonインタプリタからimportできるはずだ

> import helloworld
#test

mcbiophys.hatenablog.com

mcbiophys.hatenablog.com

*1:マニュアルには"This is mostly for debugging and experimentation. "と注意書きがある